沿革

沿革

 

 

 

2009年1月 株式会社 アクティブ・エイジ設立
2009年9月 住宅型有料老人ホーム シルバーライフ梅の里
ヘルパーステーション/デイサービスセンター
2012年8月 住宅型有料老人 ケアホーム戸畑駅前館
ヘルパーステーション/デイサービスセンター
居宅支援/重度訪問介護
2012年10月 グループ子会社 一般社団法人高齢者施設サポート事業 設立
事業内容 高齢者施設向けソフトウエア開発
2013年5月 西日本システム建設(株)との協業により
オールインワンコールシステム/ケアカルテ情報システムの開発
2014年9月 TPA統計システム開発
高齢者施設及び併設事業所内部監査機能
各種帳票自己監査機能
2015年5月 一般社団法人高齢者施設サポート事業への出資により
「カンペ君」シリーズの販売権を取得
サ高住・住宅型有料老人ホーム管理システム
部内監査検証システム・各種帳票自己監査システム・統計分析システム
2016年10月 オペレーションセンター開設
住所 大野城市下大利1丁目13番1号大野城センタービル5F
2017年1月 ICT広域版開発
2017年3月 西日本電材株式会社出資により増資
2017年6月 住宅型有料老人ホーム梅の里別館
2017年6月 グループ子会社 株式会社ホワイト・エイジ 設立
(福祉施設運営委託業務)
2018年3月 NTTファイナンス回収代行サービス契約締結
2019年2月 自社開発システム
ヘルスケアクラウドシステムファーマボード(バイタルナビ・ファーマナビ)発売自社通販アクティブ・エイジ オンラインショップ 開店
2019年5月 モニター管理システム「ジョブロボ」発売
2020年4月 電子カルテ向け次世代型BLEレシーバー「AVIS」発売

(特願番号 2020-31676)

 

前に戻る

ページ上部へ戻る